R+houseについて

r plus houseアトリエ建築家とつくる家「R+house」の魅力

アトリエ建築家が手がけるスタイリッシュで住宅性能に優れたデザイナーズハウスをお求めやすい価格で実現したのが「R+house」(アールプラスハウス)という新発想の家づくり。ここでは、酒田市や鶴岡市など山形県庄内エリアで数多くの注文住宅を手がけてきたマスターホームがR+houseの特長、魅力についてお話しします。

アトリエ建築家とつくる家を身近にしたR+house

憧れのデザイナーズハウスをぐんと身近な存在に

憧れのデザイナーズハウスをぐんと身近な存在に

工務店やハウスメーカーではなく、建物の設計だけを独立系の一級建築士=アトリエ建築家に依頼するという家づくりの手法があります。いわゆる「デザイナーズハウス」はこうして建てられた住まいのこと。しかし、デザイナーズハウスはスタイリッシュな内外観や細部まで使い勝手を追求したプランニングが魅力である反面、設計料も相応に高くなってしまうのが一般的。それだけに、敷居が高く、多くの人にとって縁遠い世界でした。

R+houseは、コスト面を徹底して見直すことで、デザイナーズハウスをどなたにも手の届く価格としたまったく新しい手法です。マスターホームはこのR+houseの加盟ビルダーとして山形県庄内エリアで、この画期的な家づくりを多くの方にご提案しています。

ていねいなヒアリングで建てる方の想いをカタチに

アトリエ建築家と言うと、個性的で作品のような住まいや建築物を設計する専門家だと思われている方も多いはず。確かにそうした面もあるかもしれません。しかし、R+houseに参画している建築家たちがなによりも重視しているのは、施主の方の住まいに対する想いです。ご本人やご家族の想い、生活信条、そこでどんな暮らしがしたいかといった希望までをていねいにお聞きし、これをもとに住まいをプランニングしていきます。担当する建築家たちは、皆様の思い描く作品づくりを共にするパートナーとしてお手伝いいたします。

優れた機能性

優れた機能性

高気密高断熱設計で快適な暮らしをお約束

R+houseは内外観の秀逸さだけが特長ではありません。気密性や断熱性といった住まいの快適さに関わる基本的な性能を追求した1棟でもあります。夏は涼しく、冬は暖かい──そんな理想的な居住環境を実現するさまざまな工夫がそこかしこに凝らされています。

» 詳しくはこちら

抜群の耐震性、耐久性で自然災害の脅威から家族を守る

多くの木造住宅で採用されている木造軸組工法は、柱が家全体を支える構造をしています。そのため、地震や台風に伴う横揺れに弱いのが欠点。その点、建物全体を柱と床の“面”で支えるパネル工法を採用したR+houseの家は、さまざまな方向から受ける応力を効果的に分散するため、巨大地震や巨大台風でも倒壊のリスクを最小限にとどめます。パネル工法は、免振工法や制震工法のように特別な機構を必要としないため、コストの面からも非常に優れている工法です。

» 詳しくはこちら

コストパフォーマンス

セミオーダー住宅とすることで大胆なコストカットを実現

セミオーダー住宅とすることで大胆なコストカットを実現

アトリエ建築家の手によるデザイナーズハウスであり、抜群の住宅性能を実現した住まいでありながら、多くの方にとって“手の届く価格”を実現したR+houseの家。その秘密はセミオーダー方式の採用にあります。一般に注文住宅は文字通りの自由設計ですが、R+houseでは、工程や部材に一定の制約を設けることでムダを省略して、大胆なコスト圧縮を実現しました。

具体的には、住宅の品質や性能を一切落とさずに、建築コストを下げるため、R+houseでは工程上のムダや部材のムダをなくし、仕入れなどに独自の手法を取り入れています。

たとえば──

工期短縮でコストカット

設計や確認に要する時間を減らすことで工期短縮を実現。大幅なコストの削減が可能に。

標準仕様を設定してコストを抑える

各部の仕様や寸法を共通化することでムダなコストが発生するのを抑制。

部材の選択肢を減らすことコスト削減

使用部材をカテゴリごとにある程度まで限定することで、選択や検討に費やす時間とコストを削減。

直接仕入れコストを抑える

卸問屋などの仲介業者を通さずにメーカーと直接取引することで中間マージンをカット。

先払いでコストを抑える

仕入れ先に対して代金を先払いすることで、価格交渉を有利に。

こうしたコストカットの手法についても、アトリエ建築家のノウハウが生かされています。